リオデジャネイロ2016

私が利用した健康食品は、リオデジャネイロ パラリンピック大会へ  関西空港からドバイ乗り継ぎにてリオデジャネイロまで行きました。どのルートを使っても飛行時間は、やはり乗り継ぎを含めて約30時間です。しかし、このルートは、思ったほど時差ボケもなく、現地に着くとちょうど12時間の時差となり日本と昼夜逆転になりますが、快適な空の旅となりました。
治安が大変心配されたブラジル リオデジャネイロですが、大会会場付近では、警備もしっかりしており無事に過ごす事が出来ました。美しい海、山自然がいっぱいです。
食事は、ブラジルで有名なシュラスコもいただきました。現地の方に聞いたところ、シュラスコを食べるには、昼が良いと。なぜならば、次から次へと出てくる肉で、お腹がいっぱいになり、夕食にすると眠れなくなるそうです。ブラジルを訪れてみると本当に熱狂的、情熱的な国でした。

健康食品を利用してみて、リオデジャネイロ パラリンピック大会の観戦に行きましたが、日中は、日差しが強く暑かったです。大会会場付近では、警備員が配置され思ったより安全に過ごす事が出来ました。しかし、ファベーラがたくさんあり、ブロック塀等には落書き、銃弾の後等もあり、日本とはかなり違うという事を実感しました。貧富の差も激しく、大会会場にも小さな子供達がボロボロの衣服を着て外国人に絡んでくるのには、悲しい気分になりました。日系の方も多く、次回オリンピック、パラリンピック開催が東京ということもあり、大会会場内で働く方は、とても親切でした。安全面の心配がなければ、自然豊かなブラジルをもっと満喫したいなあと思います。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ニキビ跡エステサロンまとめ