Daily Archives

One Article

白髪染めの手順

白髪染めは、驚くほどたくさんの種類が発売されるようになりました。メーカーによっても、希望の染め方によっても違ってきます。それらの取り扱い説明書に従って白髪を染めていくのですが、慣れていないととまどってしまうこともあるでしょう。スムーズに染めていけないと、色ムラが出てしまうことがあります。そのため、白髪染めの手順は、ある程度頭に入れておくことが大切です。

まず最初に行っておきたいのが、パッチテストです。皮膚アレルギーがないという人でも、たった一度の白髪染めでアレルギーが出てしまうこともあります。もちろん、アレルギーがある人ならパッチテストはかかせません。皮膚に薬剤を少しつけて、異常な反応を示さないかどうかを見るものです。いきなり頭皮や髪につけてさらなるトラブルを招いてしまわないように、腕などの皮膚でテストをするのです。パッチテストで異常が起こらなかったら、白髪染めの準備を行いましょう。

髪をブロッキングし、薬剤の準備をしたら髪に塗布していきます。体温に近い根元は染まりやすいため、体温から遠い毛先から塗り始めるようにしましょう。そうすると、時間の調節がうまくいって、色ムラを防ぐことができます。全体的に塗布できたら、コームでやさしくとかします。必要があれば、ラップをして染料を全体にしみこませます。説明書の時間を微調整しながら放置し終わったら、お湯で薬剤をしっかり洗い流してください。その後、カラー用のシャンプーとトリートメントを使って髪を洗えば、色落ちもダメージも防ぐことができます。
参考にしたサイト⇒ホルモンバランス