夏を快適に過ごすことによる冷え性

暑い夏はできるだけ涼しくして、快適に過ごそうとする方が多いのですが、あまり快適に過ごし続けると冷え性になるための準備をしているとも考えられます。
エアコンが登場する前は、扇風機やうちわなどによって、体を冷やしていたのですが、最近では、ほとんどの方がエアコンを使うようになりました。
ですが、エアコンは室内の温度を下げすぎてしまう場合も多く、外気温と大きな差をつけてしまうことがあります。
体を冷やし続けてしまい、それが冷え性の体を作ってしまうようになるのです。

夏に冷房を多く使いすぎてしまうと、血行が悪くなってしまい、手先や指先を温めることができないようになってしまうのです。
体が冷えてしまうと、血液がうまく循環できなくなってしまい、自律神経のバランスが悪くなることにより、冷え性を引き起こしやすくなってしまいます。
特に女性の場合には、骨盤など、男性に比べると複雑になっていますので、下腹部に血液が滞りやすくなっているため、冷え性を引き起こしやすくなっています。

とはいえ、オフィスなどで働いている方はエアコンの温度が低く、寒いと感じていても、長袖などを来て我慢している方も多いのではないでしょうか。
もし、職場のエアコンが効きすぎていると感じたら、できるだけお腹を冷やさないように心がけたり、職場以外ではエアコンを利用しないように注意してください。
また、夏だからと言って、体を冷やすような食べ物である、冷やしそうめん、アイスクリーム、スイカなどを食べ過ぎてしまうのも、内臓を冷やしてしまいます。
体が冷えていると感じたら、これらの食べ物を控え、あまりエアコンを浴びないように意識するだけでも、夏場での冷え性を改善することができるでしょう。
続きはこちら⇒妊活サプリ 人気