Daily Archives

2 Articles

コーヒーで代謝アップ

コーヒーは飲むと体を冷やすという説もありますが、代謝を上げるには役立つ飲み物です。
さらに、脂肪を燃焼しやすい飲み物である点にも注目です。
秘密は、コーヒーに含まれるカフェインです。
カフェインには覚醒作用があり、医薬品として使われる場合もあります。
交感神経に刺激を与え、利尿作用もあることから、基礎代謝をアップさせるのに有効といわれています。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、酸化を防ぐ働きを持つ抗酸化物質です。
コーヒーポリフェノールという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
大腸がんや肝がん、肝硬変などを予防する効果に期待もされています。
血糖値の抑制に効果を発揮することから、糖尿病を防ぐ成分としても知られています。
褐色脂肪細胞に作用するクロロゲン酸は、脂肪燃焼の効率を高める期待も持たれています。

カフェインとクロロゲン酸の2つの成分を併せ持つコーヒーは、代謝を上げるのにはもってこいの飲み物です。
また、コーヒーを飲んだ後に運動を行うと、脂肪燃焼率が高まるといわれています。
通常の1.5倍ほどの脂肪燃焼率にもなり、ダイエット中に上手にコーヒーを取り入れるのは有効です。
ただし注意したいのは、カフェインの摂りすぎです。
カフェインを取りすぎると鉄分吸収を阻害して貧血を起こしたり、ホルモンバランスが乱れて婦人病のリスクを高めるという副作用があります。
一日1~2杯程度にとどめておけば、大丈夫です。
クロロゲン酸の効果を得るためには、砂糖を入れるのはNGです。
上手にコーヒーを飲んで、効率よく代謝をアップさせましょう。
あわせて読むとおすすめ⇒コーヒーの効果